大阪の風俗で遊ぶ たまには大阪風俗で遊ぼう。


デリヘル嬢が最高に感じる愛撫

ヌードとセミヌードの境界線は、おっぱいとアソコが見えているかどうか。風俗嬢の
体においてツートップの地位にあるおっぱいとアソコは、まさに女体を代表する2大
性感帯だ。この部位の愛撫テクを身につけずしてHは語れない。
 まずはおっぱいの攻め方、いや愛し方から。おっぱいへの接触が許されたとき、人
の関心はどうしても乳首に集中してしまう。乳首が見える9ヌードの証だから、仕方
ないことかもしれない。でも、おっぱいへの愛撫は、乳房から乳首へと段階的に刺激
していくのがセオリーだ。
 なぜかというと、風俗嬢の性感は。少しずつ積み上げていく”システムになっている
からO最初は乳房全体をやさしく包み込むように、下からゆっくりもみ上げる(乳房
は上半分より下半分のほうが敏感)。手のひらと指を大きく使って、なるべく全体を
カバーすること。全体を愛撫したら、その流れで乳首へと展開する。乳輪や乳首の側
面を指や舌で丁寧に剌激して、自然にじらしながらプクッと立った乳首を愛撫。
軽くつまんだり、舌でころがしたり。唾液をねっとり絡ませるのも効果的だ。
指で
 また、おっぱいにかぎらず、。左右”のあるパーツは両方を平等に扱うこと。右の
おっぱいだけを愛撫して下半身に移行すると、手抜き感を与える。左右両方を愛撫す
ることで「大事に思ってくれてるんだわ」と評価アップも期待できるのだ。
 おっぱいへの愛撫でデリヘル嬢の体が火照ってきたら、いよいよ性器への攻めである。い
きなり乳首にいかないのと同じく、最初から膣に指を入れたりしない。内ももからジ
ワジワと接近してデリヘル嬢の「もうすぐアソコにくるI・」という期待感を高めてから、大
陰唇、小陰唇、クリトリスと順を追って攻めていこう。陰唇も、左側を舐めたら右側
も同じように舐める。膣の中以外、女性器はとても敏感にできているから、指で刺激
するときは「ソフトすぎるかな」と思うぐらいのフェザータッチで。デリヘル嬢の性感が高
まってきたら、反応を見ながら少しずつ強めていってもいいだろう。風俗嬢のアッコで
一番感じる部分といえばクリトリス。包皮の上からソフトに指ではさんだり、舌先で
ツンツンしたり、唾液や愛液を絡めて舐め回したり。感じていればデリヘル嬢も「もっ
と!」とせがむように腰を動かしてくるはずだ。

男性がアソコ以外に「感じる場所」があるのを知っている

多くの男性は、自分も乳首を触られると感じると思い込んでいるらしい。たしかに
風俗嬢の場合、乳首は上半身を代表する性感帯である。しかし、乳首が性感帯の男性は
実は全体の約50パーセントほどといわれている。とすれば、男性が性器以外で感じる
部分はどこか?
 キスの項でも触れたように、囗の中は立派な性感帯のひとつ。舌の裹、歯茎、上あ
ごの裹といった辺りがおもなポイントである。舌を絡ませたあと、その辺を丁寧にツ
ンツン、レロレロしてあげよう。
 次に、ほっぺたを通って耳へ移動。風俗嬢の耳に「ブーツ」と息を吹きかけるプレイ
ボーイの仕草を、誰しもイメージできるかと思うが、男性の場合も、耳はかなり感じ
やすいパーツだ。軟骨に洽って舌を這わせたり、耳穴に小指を入れたり。後頭部から
腕を回して反対側の耳を攻めるのも効果的。
イッと天井を向くシーンが定番となっている。それと同じように風俗嬢も男性の首筋を
攻めてみよう。ぐるりと一周する必要はない。しばらく舐め上げるだけでよい。
 また、首筋から乳首へと下りていくのはノーマルな感じだが、そこでススッと舌を
背中へ移動させてみる。背中は囗で強く吸ったり、舌を広く使って舐めたりするのは
逆効果。じらすようなソフトタッチがかえって性感を積み重ねてくれる。
 性器に含まれるかもしれないが、玉袋を囗に含んであげるのもいい。玉袋の表面は
かなり敏感なので、囗に含まずとも舌で軽く舐めるだけで効果大。
 玉袋と肛門の間、「蟻の門渡り」と呼ばれる部分は、性器に次ぐ第2位!・ とでも
いうべき強烈な性感帯。玉袋を愛撫したあと、ツツツと舌を這わせてやると、実際の
刺激に加えて「次はアヌスなのか?・ 来るのか?・」という期待感を男性に抱かせ、そ
れがいっそう興奮を呼び起こす。
 そして、ツツツと肛門に到着である。肛門も乳首と同じく全男性が感じるとはかぎ
らないが、たとえ感じなくともほぼ間違いなく惚れ直してくれるのでおすすめだ。

みんながいうほど快感を感じない

Hの快感が。一般的に”どれぐらいの快感なのかo個人差によるところも大き
いけれど、少なくとも「Hをしても気持ちよくない」と感じるのは、やはり無視でき
ない悩みのひとつ。
 そもそも、Hの快感はどこからくるのか。「そんなの、アッコからに決まってるで
しよ」と思うかもしれない。たしかに、性器をはじめ性感帯への刺激が快感を生むわ
けだが、刺激を「快感」として処理しているのは脳。つまり、クリトリスを舐められ
ること自体が快感ではなく、クリトリスへの刺激が信号として脳に伝わり、脳が「快
感である」と判断して初めて「気持ちいい!」となるわけだ。
 ということは、いくら性感帯を刺激しても、脳が判断してくれなければ気持ちよく
ならない。たとえ通りすがりの男性にクリトリスを舐められても(そんな状況はまず
ないが)、ただ気色悪いだけで快感なんて生まれない。大好きな彼に舐められるから
こそ、気持ちいいと感じるのである
 Hに快感を覚えないのは、そのHに脳がダメ出しをしているから、ということだろ
う。あるいは、単に彼が性感帯をビシッと刺激できていないせいで、快感に至る総刺
激量が足りないのかもしれない。
 つまり、感じるHをするためには、まずメンタルな部分を整える。それは彼への愛
情だけではなく、もしかしたらHするときの場所や雰囲気の問題かもしれない。これ
までムードに無頓着すぎた可能性もある。
 あとはフィジカルな側面。自分の感じる性感帯をわかりやすく彼に伝えて、こうし
てくれたらもっと気持ちいいという愛撫をマスターしてもらおう。
 とにかく、「ああ、どうせアタシは誰とHしても感じない女なんだわっ!」と途方
に暮れる必要はまったくない。今の彼にポンドにときめいているか、彼がトッチッカ
ンな部分ばかり愛撫していないか、もう一度確認してみよう。
 ちなみに、男性は性器が体の外に出ていて、子供の頃から見たり触ったりする機会
が多いので、性器↓脳という刺激の連絡が自然に発達するのだとか。だから、風俗嬢よ
りもHの快感を安定的に得ることができるらしい。

風俗を動画で探そう