Archive for 11月, 2014

男性がアソコ以外に「感じる場所」があるのを知っている

日曜日, 11月 30th, 2014

多くの男性は、自分も乳首を触られると感じると思い込んでいるらしい。たしかに
風俗嬢の場合、乳首は上半身を代表する性感帯である。しかし、乳首が性感帯の男性は
実は全体の約50パーセントほどといわれている。とすれば、男性が性器以外で感じる
部分はどこか?
 キスの項でも触れたように、囗の中は立派な性感帯のひとつ。舌の裹、歯茎、上あ
ごの裹といった辺りがおもなポイントである。舌を絡ませたあと、その辺を丁寧にツ
ンツン、レロレロしてあげよう。
 次に、ほっぺたを通って耳へ移動。風俗嬢の耳に「ブーツ」と息を吹きかけるプレイ
ボーイの仕草を、誰しもイメージできるかと思うが、男性の場合も、耳はかなり感じ
やすいパーツだ。軟骨に洽って舌を這わせたり、耳穴に小指を入れたり。後頭部から
腕を回して反対側の耳を攻めるのも効果的。
イッと天井を向くシーンが定番となっている。それと同じように風俗嬢も男性の首筋を
攻めてみよう。ぐるりと一周する必要はない。しばらく舐め上げるだけでよい。
 また、首筋から乳首へと下りていくのはノーマルな感じだが、そこでススッと舌を
背中へ移動させてみる。背中は囗で強く吸ったり、舌を広く使って舐めたりするのは
逆効果。じらすようなソフトタッチがかえって性感を積み重ねてくれる。
 性器に含まれるかもしれないが、玉袋を囗に含んであげるのもいい。玉袋の表面は
かなり敏感なので、囗に含まずとも舌で軽く舐めるだけで効果大。
 玉袋と肛門の間、「蟻の門渡り」と呼ばれる部分は、性器に次ぐ第2位!・ とでも
いうべき強烈な性感帯。玉袋を愛撫したあと、ツツツと舌を這わせてやると、実際の
刺激に加えて「次はアヌスなのか?・ 来るのか?・」という期待感を男性に抱かせ、そ
れがいっそう興奮を呼び起こす。
 そして、ツツツと肛門に到着である。肛門も乳首と同じく全男性が感じるとはかぎ
らないが、たとえ感じなくともほぼ間違いなく惚れ直してくれるのでおすすめだ。

みんながいうほど快感を感じない

土曜日, 11月 29th, 2014

Hの快感が。一般的に”どれぐらいの快感なのかo個人差によるところも大き
いけれど、少なくとも「Hをしても気持ちよくない」と感じるのは、やはり無視でき
ない悩みのひとつ。
 そもそも、Hの快感はどこからくるのか。「そんなの、アッコからに決まってるで
しよ」と思うかもしれない。たしかに、性器をはじめ性感帯への刺激が快感を生むわ
けだが、刺激を「快感」として処理しているのは脳。つまり、クリトリスを舐められ
ること自体が快感ではなく、クリトリスへの刺激が信号として脳に伝わり、脳が「快
感である」と判断して初めて「気持ちいい!」となるわけだ。
 ということは、いくら性感帯を刺激しても、脳が判断してくれなければ気持ちよく
ならない。たとえ通りすがりの男性にクリトリスを舐められても(そんな状況はまず
ないが)、ただ気色悪いだけで快感なんて生まれない。大好きな彼に舐められるから
こそ、気持ちいいと感じるのである
 Hに快感を覚えないのは、そのHに脳がダメ出しをしているから、ということだろ
う。あるいは、単に彼が性感帯をビシッと刺激できていないせいで、快感に至る総刺
激量が足りないのかもしれない。
 つまり、感じるHをするためには、まずメンタルな部分を整える。それは彼への愛
情だけではなく、もしかしたらHするときの場所や雰囲気の問題かもしれない。これ
までムードに無頓着すぎた可能性もある。
 あとはフィジカルな側面。自分の感じる性感帯をわかりやすく彼に伝えて、こうし
てくれたらもっと気持ちいいという愛撫をマスターしてもらおう。
 とにかく、「ああ、どうせアタシは誰とHしても感じない女なんだわっ!」と途方
に暮れる必要はまったくない。今の彼にポンドにときめいているか、彼がトッチッカ
ンな部分ばかり愛撫していないか、もう一度確認してみよう。
 ちなみに、男性は性器が体の外に出ていて、子供の頃から見たり触ったりする機会
が多いので、性器↓脳という刺激の連絡が自然に発達するのだとか。だから、風俗嬢よ
りもHの快感を安定的に得ることができるらしい。

マンネリHの解消方法

金曜日, 11月 28th, 2014

それなりに付き合いが続き、Hの回数も数えられないぐらいになってくると、Hの
マンネリ化という現象が発生する。
 マンネリ打破にはいろいろな方法があるけれど、共通していえるのは「変化を与え
る」ということ。ちょっとしたアレンジから劇的な変化まで、あれこれ試してみょう。
 シンプルなところでは、リード役を交代してみる。デートの囗は風俗嬢がモーション
をかけてHまで持っていく。ベッドでは騎乗位でダイダイ。まだ出しちやダメよ1・
と主導権を握る。
 Hをする場所を変えるのも、簡単で効果が大きい。いつも白分か相手の部屋でして
いるなら、たまにはラブホテルへ。いつも屋内でしているなら、ときには人気のない
野山へ。いつもベッドでしているなら、あえてテーブルやイスの上で。気分が変わる
だけでなく、今までになかった挿入感が見つかるかもしれない。
 また、。大人のおもちや”を使ってみるのもいい。最近ではラブホテルの室内に自
動販売機が結構あるし、あやしい雰囲気のアダルトショップに行かずともネット通販
で気軽に買えるようになった。風俗嬢が手にとりやすいデザインのものも多く出てきて
いる。それらでデリヘル嬢を愛撫するもよし、オナニーの相互鑑賞に使うのもよし。ただし、
「アナタよりパイプのほうが感じるの……」とだけはいわれないよう、注意しよう。
 ふつう、Hは夜にすることが多いと思うが、まだ明るい時間にすると、これも新鮮
な感じになる。休日のデート、ランチを食べてデパートへ向かう足をホテル街に向け、
休憩利用で燃えてみる。Hを終え、少し顔が火照ったまま買い物をするのもドキドキ
感が味わえていいのではないだろうか。
 あとは、「見られたらどうしよう」というスリルは、そのまま性的興奮につながる。
そこで、他人の視線をダミーで演出しよう。大きな鏡の前で、自分たちの乱れる姿を
見ながらのH。ビデオカメラで乱れるふたりの姿を撮影しながらのH。見られている
快感を楽しむことはできるはず。
 Hのマンネリを解消するには、今までと違うHで。お互いのエロス”を刺激するこ
とが大切。でも、自分が興奮できるからといって相手にも強要しないように。